AMDDとは

入会のご案内

米国医療機器・IVD工業会(AMDD)は「大切な人びとの健やかな日々のために、価値ある医療テクノロジーや情報をお届けします。」を使命に、先進医療技術の提供を通じ日本の医療の向上に貢献できるよう、様々な活動を行っています。
本会にご入会をご希望の企業様は、以下の問い合わせフォームよりご連絡いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

AMDD会員のメリット

1.行政からの情報をスピーディーに収集

AMDDは会員専用のウェブサイトにて、行政の通知をいち早く提供しています。また重要な通知については英訳を提供しており、本国への報告にお役立ていただけます。さらに、行政や業界のオピニオンリーダーによるセミナーを定期的に開催しています。
各種セミナー報告(こちらに掲載しているセミナーは一部です)

2.行政や政治家に直接働きかけを行い、要望を伝えることができます

AMDDでは医療機器や体外診断用医薬品などの業界が抱える課題について、積極的に行政や政治家へ提言を発信しています。また委員会活動を通して、行政や政治家と対話機会を持つことで、業界の意見を直接伝える活動を行っています。
AMDDの提言活動

3.委員会活動を通して業界・行政の動向をいち早く獲得

毎月活発に開催されている各委員会に参加することにより、業界・行政の動向をいち早く掴むことができます。また日本や欧州の医療機器に係る各種業界団体や会員企業と、情報交換を行う機会を持つことができます。
委員会紹介

4.大使館・AdvaMedの全面的なサポート

アメリカ大使館や米国の先進医療技術工業会(AdvaMed)からのサポートにより米国の最新情報を入手し、国内での活動をよりスムーズに行えるよう、協力体制を敷いています。最近では、世界の医療機器産業の知見や行政の最新情報の共有、腐敗防止(FCPA)や機器固有識別子(UDI)の啓発などの活動も行っています。
米国海外腐敗行為防止条例に関するセミナー
機器固有識別子 (UDI)に関するAMDDの考え方

AMDDの会員資格

下記のいずれかを満たす日本法人が対象となります。入会には理事会の承認が必要です。

  1. 米国に本社を置く
  2. 米国でビジネス(研究・開発、製造販売等を含む)を展開している
  3. 米国より医療機器/体外診断用医薬品などを輸入している

※賛助会員について
AMDDの目的に賛同し、活動に協力する法人に対して、賛助会員制度を設けております。

AMDDの入会のお申込

入会をご希望の方は、以下のフォームよりご連絡ください。申込内容を確認した後、事務局よりご連絡申し上げます。

お申し込みフォーム

↑ ページトップへ戻る